さよなら”エキスポ70ホール”。

d0065737_1393386.jpg「日本万国博覧会記念館前にて。」 写真に写る少年は私ではない。07年の吹田エキスポの際 一般の方が提供されて展示されていた写真を撮影させてもらった内の一枚。

多分私とぼぼ同世代の方だと思われる。「あぁ、これが万博記念館なんだ。一度来てみたかったなぁ。」と見入ってしまった。この頃未だ日本館や大屋根は残っていたんだろう。

万博閉幕後、万博郵便局は万博記念館となり現在は大阪ガスショールーム”ディリパ”となっている。ディリパは”生活誕生館”と言う大阪万博の時にあった”生活産業館”に似た名前が付けられている。

ショールームの二階奥の片隅。軒先を貸して母屋を取られる状態。”片隅に追いやられた感いっぱいな場所”。万博記念館EXPO70ホールはそんな場所にある。いやあった。

毎月大阪のOさんが送って下さる万博公園の機関紙「万博公園だより1月号」を何気に読み返している際、裏表紙に”万博記念館”エキスポ70ホール”は1月19日(火)をもって閉鎖します。”の小さな文字を見つけたのは、その2日前の日曜日だった。「あさって閉館なんだ...。」

”万博記念館”が何時開館し、やがて縮小され”エキスポ70ホール”となった正確な日時は定かでないが記念館であった頃は、建物全体が記念館だった。現在大阪ガスのショールームである部分で大阪万博の記念品が多数展示されていた風景には凄く興味が湧いてくる。

当時は有料で公開されていて祭りの仮面がデザインされた入場券やパンフを見た事があるが、館内の写真は見た事が無い。写真の看板が写ったものも殆ど見た事も無い。話では近郊の小学生などが、よく遠足で訪れたらしい。

思えば約10年以上前、1970年以来に訪れた大阪万博会場跡地で見た記念品の数々。ホールで上映されていた「映画 日本万国博覧会」に時代がヒュルヒュルと逆戻りしたものだ。ホールと呼ぶよりは記念室。

今年3月鉄鋼館でリニューアルオープンするが、今よりも、もっともっと話題にもされない大阪万博不遇の時代を建物の片隅に追いやられながらも、細く細く現在に大阪万博を繋げていった”エキスポ70ホール”の空間は多分、何のセレモニーも行われる事無く扉が閉められたのだろう。
[PR]
by banpakutantei | 2010-01-21 03:30 | 万国博 | Comments(10)
Commented by まつかぜ at 2010-01-21 12:39 x
1972年に万博記念館を訪れました。日帰りで姫路城に行った帰りにどうしてもと言って立ち寄りました。確かに有料で多くのパビリオン展示物がありました。あと、スイス館の電球の一房分やスタンプが押せました。
入場は出来ませんでしたが大屋根と付属物はほぼそのまま残り、デメデク君までいました。日本館もそのまま残っていました。大感激しましたよ。
Commented by banpakutantei at 2010-01-21 22:58
まつかぜさん こんばんは
万博記念館に行かれていたのですね。羨ましい限りです。
”どうしても”と言って立ち寄ったのが凄いです。
デメとデクまで見られていたとは...。
この様な実体験はもはや伝説の部類に入ります。
写真などもし撮られていましたなら何卒拝見させてください。
Commented by 青春の塔 at 2010-01-23 00:36 x
私は万博の時1歳で、行ったのは行ったのですが記憶にありませんが、『万博記念館』大好きでしたよ。いつも閑散としてましたがね。第1回ロンドンからの万国博史(沖縄海洋博アクアポリスの模型もあった)、太陽の塔の生物達、テーマ館地下の仮面(これは、今は民博にあるはず)、日本館内の展示物(埴輪や仏頭の複製、リニアモーターカーなど)、アメリカの宇宙服、会場全体の模型(計画段階のものもあった)、シンボルゾーンの模型(これは、今も協会ビルにあるはず)、テーマ館の模型、日立館や日本館の模型、電気タクシー、電気自転車、入場券袋で出来たついたて、目玉男の写真、スイス館の『光の木』、そしてスタンプコーナー(今とは違って、シャチハタでないものもあった)などなど、私は、エキスポランドより万博記念館を魅力に思う変わった子供でした。鉄鋼館が万博記念館になるのは嬉しいですが、スペースがしれていて、大した規模ではないでしょう。私としては、『ディリパ』に立ち退いてもらい(代わりの場所は公園内にいくらでもある)、鉄鋼館は、本来の『立体音楽堂』にし、もう一度あの場所に『万博記念館』にしたらいいのにと思います。今だったら、そこそこ客も入るはず。
Commented by banpakutantei at 2010-01-23 14:27
青春の塔さん コメントありがとうございます。
良く憶えていらっしゃいますね。是非行ってみたかったです。
上記のものたちの幾つかはマニアエキスポ等で蔵出しされたのを
見た事がありますが万博の興奮が一服しすぎた閑散とした空間で
見るのも又独特の雰囲気があった事でしょう。確かにディリパの
全部の広さがあれば結構な量のものたちが展示できますね。
老朽化の話を聴かない元郵便局 ディリパが羨ましいです。
またよろしくお願いいたします。
Commented by 青春の塔 at 2010-01-23 22:36 x
記念館のことを取り上げて頂いて懐かしく嬉しく思いました。昨日の続きです。写真を残していればよかったのですが、手元に残っているのは、館内で100円で売っていたスタンプ帳だけです。これは、横長のもので、中身は単なる白紙というものです。各パビリオンのスタンプの他、『記念館』のオリジナルも2種類ありました。当時は、自然文化園中央口前に開会当時の売れ残り『太陽の顔(白・黒)』や絵葉書も100円で売っていました。大屋根撤去後の青春の塔もエキスポランド内にありました。
まだまだ、開会中の面影が残る公園でした。最近は面影もほとんどなくなり、つまらない公園になりました。ちなみに館のオープンは72年頃で縮小は、多分90年頃かと思います。今も多分『ディリパ』前にある、鐘は『国連館』のもで、記念館当時の名残です。
Commented by banpakutantei at 2010-01-24 03:00
青春の塔さん 貴重なお話どうもありがとうございます。
館内の写真って どこかに残っているのでしょうが
見た事が無いですよね。

日本館や大屋根が未だ残っていたり タワーに
登れた時代、万博記念館が縮小される以前や
鉄鋼館の看板も未だ残っていた時 等々...。

その頃の会場跡地の風景を写真でしか見た事が無いので
その面影の残る時代に凄く興味があります。

Commented by よし坊 at 2010-01-24 19:26 x
GTMさん、こんばんは、ご無沙汰しております。久々のコメント失礼します。

私も万博記念館の閉鎖を2日前に知りました・・・急な話でビックリしました。
毎年マニアエキスポに行くと寄っていたのですが、昨年はマニアエキスポが開催されなかったので・・・

「鉄鋼館」がリニューアルオープンの為だそうですが、何も閉鎖しなくても・・・残念です。

「ディリパ」になる前の全館「万博記念館」を見てみたかったですね~
青春の塔さんのお話、興味深く拝見しました。

私も「鉄鋼館」は「スペースシアター」完全復活、ディリパを全館「万博記念館」としてリニューアルした方が良いと思いました。


Commented by banpakutantei at 2010-01-25 20:28
よし坊さん ご無沙汰です。今年も宜しくお願いします。
どなたか もっていらっしゃらないですかねぇ
万博記念館の写真。館内は撮影不可だったのでしょうか?
マニアエキスポの今後も どうなんでしょう?
今迄 蔵出ししてきたものを、もし常設展示するとなると...
新たに出すものも...ない。ディリパのあの一角は
別の意味で空家で残しておいた方が良いと 思います。
別の意味とは 可能性が消えたわけではない
鉄鋼館の存続って意味で..。
悲しいですけど。
 
Commented by 人類の進歩と飽和 at 2010-03-05 01:07 x
看板ではなく、渡り廊下と言いますか、通路の側面にペイントした物です。現在は撤去され、ディリパ二階と機構ビルにドアだけが残っています。
Commented by banpakutantei at 2010-03-07 02:57
あれは看板ではなく ペイントされた渡り廊下の様なものだったのですか?知りませんでした。
どうもありがとうございます。機構ビルに残されたドア...今度行った時
に確認してみます。


<< 今日届いた本。品格と風格。 今日買ったけど未だ読みそうもない本。 >>