愛言葉はベラボー

d0065737_1058518.jpg殆ど日付けを無視して進行して行く舞ブログ。たまには新鮮な話題を..6/18梅雨の中休み、真夏の様な太陽が照りつける真昼間の新宿歌舞伎町のど真中の地下深く。嘉門達夫さんをゲストに迎え、ベラボウを合い言葉に暑い万博者が集結し熱いトークバトルが催された。

この日何よりも感動的だったのは、歌舞伎町に突如現れた太陽の塔。中身は主催者Oさんの奥さんだそうだ。休憩後の約二時間、旦那の作ったこの着ぐるみ姿で記念撮影や握手のサービスをしていた。嫁さんを太陽の塔にするなんて..何てベラボウな..合い言葉の意味はこれだったのか!トークの間はこの姿でトイレの前で静かに座っていた。旦那の主催したイベントで太陽の塔に変身し支える。すばらしき愛の世界。これぞ多くの主婦が完璧に忘れた私の好きな言葉”内助の功”。
[PR]
by banpakutantei | 2005-06-24 10:58 | 万国博 | Comments(0)


<< もう一人の達夫という名の万博少年 ”桜の御紋”万博マーク >>