まだまだ続く。の?。関西幸せ探して。

d0065737_12411433.jpgやって来たのは花博会場跡地。EXPO90花博には行かなかったが、この塔を近くで見るのは3回目。殆ど思い入れの無い花博会場跡地にやって来たのは右後方に写る”いのちの塔”が来年あたりに登れなくなってしまう。と言った理由からだ。

無くなってしまったり入れなくなってしまうと言ったニュースが出ると、とたんに”ゾロゾロと”或いは”ワサワサと”、それまで閑古鳥が鳴いていた場所に人々がやって来る。閑古鳥が鳴いていた場所に名残を惜しむ人々の列。

そんな事ならば、もっと普段から..と言う声も聞こえてくるが私もそんな”ゾロゾロ ワサワサ”組の一人でもある。今回、ゾロゾロワサワサまでには未だしばらくあるらしく、閑散と言うには多く、混雑と言うには少ない人出の花博公園だった。

この花博会場跡地と幸せが、どうつながるのかと言うと単に、この何故か宗教色を感じさせるロウソクの様な”いのちの塔”の事を”しあわせの塔”と言う名の塔と勘違いしていたからに他ならない。ただそれだけ。

そう言えば以前 この塔を写した写真を載せたブログ。花博会場跡近くに大阪万博を探す。と題したブログ。”さて運命はいかに?一度では書ききれない。”とこのブログは締めていた。一度では書ききれないと書きつつ一度も書いていなかった。

大体何時書いたんだと探してみてもなかなか見つからない。グーグルで検索してみる。”小田原万博探偵 花博”... 一発ヒット。時は06年7月。うわっ。3年以上も前か。またいつか、また今度と早3年。”塩漬け3年。”そんな事が沢山ある。3年なんて未だ良い方かも知れない。
[PR]
by banpakutantei | 2009-09-26 14:51 | 万国博 | Comments(0)


<< いのちの塔からしあわせの塔を眺... 何があったと言うのか?。関西幸... >>