カウントダウン太陽の塔内部公開まであと少し。

d0065737_03174829.png

来る2018年3月19日。いよいよ公開される”新生 太陽の塔内部”。

再生事業に取り掛かって以来、まだか、まだかと言うよりも、以外と早かったなぁって感覚。

前回迄 2007年を振り返っていたけど(まだ続く)10年位前には想像も出来なかった事が現実化する。







d0065737_03175180.png


内部公開は沢山の人が押し寄せる事必至とされHPからの予約制となり今日はその手続き解禁の日。

”万博マニア”として何が何でも.....”岡本太郎ファン”として這ってでもすぐに”行かねばならぬ”......と言う訳でもないし...ほとぼりが冷めてからでもと思っていた。

這ってでもと言えば15年前、33年ぶりの内部公開へは足の骨折をおして行ったのが懐かしい。






d0065737_03174561.pngあの時は今回を逃したら、次は何時になるか解らない切迫感があったけど今度は何時でも見ることが出来る安心感が腰を上げる速度を遅くしている。

しかも公開初日は土日でもない月曜日...となれば、まぁ5月位迄にはってスタンスでいたけど、まぁどんな予約状況はどんな感じかなって感じで軽くアクセスしてみれば...

”あれっ?つながらない” 、”ん?..つながらない”、”えっ!つながらない”....”まさか...つながらない...じゃないの...”....どーなってるんだ?”軽くアクセスしていた筈の”、”ほとぼりが冷めてからでも十分な筈の”クリックに段々と力が入って来ていた。





d0065737_03174292.png


インターネットニュースを見てみれば先日の優先入場の時と同様サーバーダウンしていると...1秒間に3万アクセスとの報道も...

1秒間に3万アクセスと言うのが、どんな単位なのか、どうやって調べたら判明するのか解らないが、それほどまでの内部見学希望者の多さに驚いた。








d0065737_11145574.png

本日申し込み開始2日目。土曜休みなので”ほとぼりが冷めてからでも十分”な筈なのに頻繁にアクセスしているがつながらない。依然としてサーバーはダウンしたまま立ち上がれない様だ。

復旧作業って、どう言う作業なのだろうか?遂にHPにもアクセスできない。

もはや、内部公開に行ける行けないが目的では無くなってきた。内部公開はほとぼりが冷めてからでも十分なのだ。

今は只、つながるつながらないが目的だ。”申し込みはこちら”をクリックし申し込み方法が書かれたページにつながりたいだけなのだ。














[PR]
# by banpakutantei | 2018-01-20 16:12 | 万国博 | Comments(0)

2007を振り向いて その3。

d0065737_00594838.jpg

1回や2回では書ききれなかった2007年万博の思い出その3。今では、すっかり冬のイベントとして定着したイルミナイト万博の記念すべき第1回。

この頃は未だプロジェクションマッピングでは無くイルミネーション。目玉は何と言ってもスイス館光の木の復活。

万博記念館で公開されて以来、奥の奥の奥に大事に保管されたまま忘れ去られたかの様に表舞台に出てこなかった光の木。





d0065737_00595466.jpg

前々回に書いた”嗚呼消え行く万国博”で引き倒された木、叩き割られた電球の1部が残され生き延びていた。

電球の数は当時のものとは比較にならないが、写した写真をズームすれば”嗚呼 懐かしの万国博”そのもの。

イルミネーションだけ見れば、凄いものは沢山あるけれど、光の木は万博公園にしか生えていない。

下から見上げる夜の太陽の塔も益々、神掛かって見えた。その下には大きなミニチュアのソ連館もあったりして当時へのオマージュ色が濃かった。


d0065737_00595758.jpg

あれから10年。光の木は再び奥の奥の奥に隠された様だ。奥の奥の奥。奥さん。

その間、鉄鋼館がEXPO70パビリオンとして生まれ変わっても、光の木は何故か公開されていない。

以前は公園内に奥さんと思われる場所が幾つかあったけど壊され、今は70パビリオン内か協会ビル内しか無い。

多分70パビリオン内の何処かで、またいつか来るかも知れない出番を待っているのだろうけど、またいつかが来るのかなぁ。




d0065737_01000232.jpg

岡本太郎の”あの鐘を鳴らすのは”の事なども書いていた07年12月辺りのブログはこちら

読み返すと、大晦日の紅白で石川さゆりには「ホテル港や」を歌って欲しいと、書いていた。阿久悠さんが亡くなって早10年。

その間「津軽海峡・冬景色」と「天城越え」が交互に歌われ「ホテル港や」は奥さん状態だ。只、あの曲は”大トリ”の時にこそふさわしい曲。機会も結構、限定される。

あの鐘も大晦日NHK「ゆく年くる年」で時を告げる鐘として鳴らされないかなぁ。光の木同様、そのいつかは来るのか?。





[PR]
# by banpakutantei | 2018-01-08 02:17 | 万国博 | Comments(0)

2007を振り返るその2。


d0065737_02403184.jpg

1回や2回では書ききれない振り返る2007年その2。マニアエキスポ閉幕直後、吹田博物館で開催された”07EXPO70 私と万国博”展。

2カ月連続。良く行かせてくれたなぁ。調べてみるとこの年6回位大阪に行っていた。開催期間は約40日。興味深いイベントも沢山行われた。

一般市民からの当時の写真、資料提供も多くさすが地元、遠く関東に住む私が万博云々と、うんちくを語っても説得力が違う。展示してあった写真と共に添えられたエピソードを読んで感じる羨ましさと敗北感。




d0065737_11473518.jpg

何せ会場に行ってる回数、現場力が違う。何回行ったか解らないなんて人はザラで、会場で働いていた人、遠い親戚が泊まりに来た家もぞろぞろ。

家から万博会場が見えた人、見えないながらもソ連館のてっぺんが見えた人、太陽の塔の万博ビームが見えた人等々、逆立ちしてもかなわない。

左の墓地越しに見えるエキスポタワーの写真なんて初めて見た。角度を変えればきっと太陽の塔も見えるのだろう。太陽の塔の見える墓地。ここに入れるのも地元の特権。





d0065737_02360792.jpg


万博ベンチに万博紙袋を置き座っているお洒落な女性。リアルなパビリオンがデザインされた紙袋がカッコいい。中にはどんな万博土産が入っていたのだろう?

万博紙袋もかなりの種類が作られS氏のコレクションをマニアエキスポなどで見ることが出来たけど実際の会場で使用されている写真って、あまり見た事がなかった。








d0065737_02361957.jpg

会期中 ”万博の基幹施設の計画にかかわって”と題した万国博美術館の設計者の川崎清さんの講演に行った。

万国博美術館(国立国際美術館)とホールは既に無く、2005年のブログ開始直後、その解体を嘆いていた。講演では"老朽化が理由で無い"解体を”運命だろう”とおっしゃられていた記憶がある。

講演後、2003年美術館最後の展覧会となった”川崎清 美術館建築とその周辺”の図録に川崎さんの好きな言葉”無作”と共にサインを頂戴した。

写真と共に写っているのは昔拾った美術館前の階段のタイル。


d0065737_11472988.jpg

この展覧会で一番印象に残った写真。建設中の会場の大韓民国パビリオン付近で撮影された万博ヘルメットをかぶった幼い兄弟と思われる写真。

光の当たり方が少し不思議だけど、なんて微笑ましいのだろう。当時の私は多分女の子位の年齢。

そう言えば06年、この吹田博物館前で遭遇した少年。写真の少女位の年齢だった。S氏に”万博のおっちゃん”と話しかけてきた彼はさすが地元。この展覧会に頻繁にやって来たそうだ。

あれから10年。青年になった彼は未だ万博に興味があるのだろうか?

会場入口で出迎えてくれたリオちゃんの記事はこちら







[PR]
# by banpakutantei | 2018-01-04 03:59 | 万国博 | Comments(0)

2017 四本目。

d0065737_02124142.jpg

殆ど書けずに暮れていく2017年。”そうだ10年前を振り返ってみよう!”と企画した事も書けず仕舞。

本来”で?どうなっ万博階段”の続きを書くべきなのけど保存してある画像を見てみると1回や2回では書ききれぬ程の万博豊作年だった2007年を振り返らずに年越しするには余りに勿体なく10年前にタイムスリップしてみる。

先ずはマニアエキスポ2007。印象に残った展示はカナダ館の外壁を飾ったミラーのカケラや、せんい館のマグリット人形。





d0065737_01550046.jpg

15体とも20体あったとも言われている、四谷シモンさん作のマグリット人形。万博閉幕後は離れ離れとなった兄弟たちは、この時の1体の他には大阪、香川、東京で各1体合計4体の現存が確認されている。

この時のものは、後にヤフオクに200万円で出品され落札されなくも現在は別の所有者の元にあると言う。

広島に別の兄弟がいるらしいとの情報もあるが今後更に発見されるのだろうか?又兄弟が再会する事はあるのだろうか?
マグリット人形の過去記事はこのあたりこのあたり




d0065737_01544600.jpg

映像としては”嗚呼消えゆく万国博”(個人撮影)が流された。衝撃の万博会場解体シーン。次々と破壊される色とりどりのパビリオン。

スイス館建設に携わった撮影者の目の前で無残にも引き倒される光の木。勿体無い感、恨めし感が混ざったナレーションと共に叩いて割られる光の木の電球。

今年NHK”お宝発見ガレリア”にて万博マスターS氏の所有する生き残った電球と対面を果たした撮影者の合原さん。感動的でした。

”怪獣博士”こと原坂一郎さんの講演も行われた。講演終了後は好きな怪獣を即興で見事に描いてくれるイベントもあった。


d0065737_01543974.jpg

悲しいかな怪獣に興味の無かった私は原坂さんの事も知らず、描いて貰わなかったのだが”ガメラ対ジャイガー万博会場決戦”を描いて貰えば良かったなぁと最近になって後悔している。

帰りにお茶をご一緒させていただいたが本当に情熱的な方だった。原坂さんとは、それっきりご無沙汰になってしまったが今年”マツコの知らない世界”で熱く怪獣を語る原坂さんを拝見し大変懐かしかった。

イベントに合わせ1994年の改修で交換された太陽の塔の赤と緑のタイルも頒布され人気を博した。いよいよ2018年内部改修も終わり公開される太陽の塔。今回の改修で出てきた内部のカケラ、例えば赤いヒダヒダとか頒布してくれないかなぁ。



d0065737_01553199.jpg

さて10年後を意識させる作品も展示してあった。迷子のマークが付いた太陽の塔第4の顔”地底の太陽”。貸出中の兵庫県で姿を消し行方不明のこの作品も内部公開に合わせ復元される様だ。

神戸ポートアイランドの地中に埋まっている等その行方には諸説ある。以前書いた私の”誰かがゴロゴロ転がしながら万博会場の池にドボン”説。”万博会場の電源室の蓋になっている説”。も否定された訳では無い。

何よりのビッグサプライズは”内緒にしていてすいません。実は見つかっていたんです。場所は言えませんが...よってこれは本物の展示です。”って事。

2007マニアエキスポ過去記事はこのあたり。地底の太陽 夢の池にドボン説はこちら。電気室の蓋になっている説はこちら

[PR]
# by banpakutantei | 2017-12-31 19:29 | 万国博 | Comments(0)

祝 エキスポシティ2周年。

d0065737_00373802.jpg
2015年4月の以来 中断したままの”どうなる?万博階段”。

どうなるも、こうなるも書くべき時をとっくに逸し、書くキッカケも無いまま今日に至ってしまったけどブログの停滞とは無関係に時は経ちエキスポランド跡地に出現した巨大ショッピングモール エキスポシティは早くも開業2周年を向かえた。

祝?開業2周年に際し時間軸を2015 3月辺りに戻し”どうなった? 万博階段”とし再開してみる。







d0065737_00524531.jpg
前回 解体中だった当時万博郵便局を含むオペーションセンター元万博記念館&前万博記念室を含むディリパは跡形も無く更地となり舗装も完了していた。

跡地奥には万博(記念)協会本部ビルが全容を現わしていた。

上 赤矢印が再開発中だったエキスポランド

中 黄色矢印が万博階段。階段脇に沿って「動く歩道」が確認できる。でも此処は坂道なのでエスカレーターの様なものだったのかなぁ。





d0065737_01583908.jpg
下 ピンク矢印が 取壊されたディリパ。

黄色矢印付近が太陽の塔を臨む 私的”日本の階段百選”第一位の万博階段。

階段を降りながら太陽がグングン迫ってくる万博会場へ向かうワクワク感が当時の写真から伺える。

帰り会場を振り向けば黄金の顔から発射された万博ビームが見送りしてくれていた。階段上を臨めばエキスポタワーもそびえていた...筈。





d0065737_02065177.jpg

筈...って私は当時ここは歩いていなくてソ連館近くの西口から入場した為、太陽の塔の迫ってくる感を味わえなかった。

ショッピングモールの建設はドンドン進んでいたけどワクワク感は感じられなかった。

まさかエキスポランド跡地にこんな施設が出来るなんて想像していなかった。

エキスポランドもそれ程、混んでいなかったので、あの事故が無くても何れ、こんな感じになったのかも。




d0065737_02024933.jpg
”どうなる?万博階段”の前回最後に当時の落書きなんて残っていないかなぁ?なんて書いたけど今回の直前に書かれた落書きが残っていた。

この落書きに値打ちが出るとしたら50年後位?この壁が残っていればの話だけど。

旧万博階段リニューアル前の落書きって意味で...。
1970年当時の落書き、見つからなかったけど絶対に何処かにあったんだろうなぁ。


[PR]
# by banpakutantei | 2017-11-26 04:09 | 万国博 | Comments(0)

何気に久々の更新。

d0065737_17522105.jpgヤフオクにて落札。大量の万博パビリオンパンフ。写真で見る限り殆ど持っている資料の中に(多分私だけ)手に入れたかったものが...

競合しても¥3.000以内で落札出来ると思っていたら、あれよあれよと万単位に...。競合する彼?は何が欲しいんだ?

じっと出展写真を見てみる。もしかしてアレ?大量の資料の写真の中に写っているアレ。

確かにあまり出てこないかも。でも彼が狙っているであろうアレと私が狙っているアレとは多分違う。

何という事だ。万博資料ひと山の中にお互い狙っている違うアレが共存しているとは...罪な出品者。

それでも今回逃したらの思いで、頑張ってしまったが凄い予算オーバー。彼が欲しかったんじゃないかと思われるアレは私にとっては、それ程のものでは無いので再出品してみようかなぁなんて思ってもみたけど面倒くさいしなぁ。

[PR]
# by banpakutantei | 2017-09-24 18:17 | 万国博 | Comments(2)

カウントアップ2017。

d0065737_18294336.png

幻の万博本をさがせ”のタイトルで書いたブログをアップしたのを調べてみたら2007年4月だった。

数個前に書いた10年前を振り返ってみようとした我ながら良い企画も未だひとつしか書けていないので振り返るのが2カ月早いが丁度良い。


幻の万博本”俺だけの”エキスポオサカ。と当時書いたものの幻と言う割に、近年2名程の万博友達が保持している事を知る。





d0065737_01373183.jpg

ブログアップ後、もう1冊入手し現在は2冊保持している。1冊は読むため用、1冊は保管用と言う訳ではないが何か万博グッズと物々交換でもする機会があるかも知れないと入手しておいた。

そんなエキスポオサカが最近ヤフオクに出てしまった。発見した時は遂にその時が来てしまった感で一杯だった。

全てをチェックしていた訳では無いので当てにならないけど、ヤフオクで見る初めてのエキスポオサカ。







d0065737_03084802.jpg

万博本バブル期であれば¥50.000-位にはなったのではないかと思われる幻の万博本が¥25.000-で出品されているも、なかなか落札されないでいる。

考えられるのはエキスポオサカが欲しいと思う人に行き渡り既に”俺だけの”でも”幻”でも無くなっている為なのか?”俺だけの”から”皆の”になってしまったか?エキスポオサカ。


(左は上写真の解説)







d0065737_18300810.jpg


十年前のブログで”一般書店には並ばなかったのだろうか?広告など出なかったのだろうか?値段はいくらだったのだろう?と書いたエキスポオサカの疑問。

その後、工芸ニュースと言うデザイン誌の万博特集の巻末に広告を見つけた。

結構持っている方だと思う万博本の中で唯一見つけたエキスポオサカの広告。~外人写真家がとらえた万博500景。






d0065737_18402905.jpg

”星の数ほどある万博写真集のなかで、これほど素晴らしいものを見つけ出すのは困難です。

国際的に著名なブルーノズーテル、ベーテルクナップの両写真家が彼らのするどい感覚でとらえた映像は人類のもつ偉大さ美しさを知り現代の認識を深めたいと願う全ての人々にとって、かけがえのない手引きとなるでしょう。”

幻の万博本の幻の広告。消えてしまいそうな薄い緑で印刷されたそこには輸入代理店の名と当時の定価¥2.400-そして少し抽象的で解り難いけどエキスポオサカの素晴らしさが熱く記されていた。

(左 写真集の中で一番好きなネパール館の前で跳ねる少女)








[PR]
# by banpakutantei | 2017-02-07 03:40 | 万国博 | Comments(2)

カウントダウン2016。

d0065737_10424.jpg”外国人向け日本のお土産”をコンセプトにした様なお店で発見し即購入。日本の有名な塔が描かれた湯呑。

正式には”日本の有名な建物”が描かれた湯呑なのだそうだ。描かれているのは8つだけどベスト8と言う訳では無い様だ。

先ずは東京タワーに東京スカイツリー。


d0065737_11424.jpg右は今は無き大阪タワーかと思ったら福岡タワー。

左のもう一つ。これは知らなかった。愛知県一宮市にあるツインアーチ138と言うのだそうだ。未来的は外観でいつか行ってみたいなぁ。



d0065737_124749.jpgこちらは通天閣に京都タワー。写真に無いあとひとつは五重の塔。但し東寺なのか興福寺なのか法隆寺なのか?何処の五重の塔かは解らない。


d0065737_13968.jpgそして真打。大阪 太陽の塔。当然の入閣。

でも使わないだろうなぁ。以前買った 太陽の塔の茶碗って言うのも使っていない。茶碗の底に描かれた現代の顔。グラスの底ならぬ「茶碗の底に顔があったっていいじゃないか!」

茶碗 湯呑が来た処で”太陽の塔 徳利”なんてあったらフォルムも似ていて良い感じなのではないだろうか。中に入れるのは”清酒 黄金の顔”(現存せず)。



d0065737_2221174.jpg今回漏れたタワー達。横浜マリンタワー、神戸ポートタワー。こんな感じのイラストにしたらどちらがか解りにくい函館五稜郭タワーと福井東尋坊タワー。大阪花博タワー塔々...是非入れて欲しいとなった筈だ。

別府タワーも選から漏れた。滋賀代表は長浜タワー。「これどぉーこだ?」って感じで入れたら面白かった。

でも外国人向けってコンセプトなので”日本のタワーマンション”って言うのでも良かった。
[PR]
# by banpakutantei | 2016-12-05 01:54 | 万国博 | Comments(0)

カウントダウンしてもいいかな?第2回大阪万博。

d0065737_2462829.jpg東京国立近代美術館「トーマス・ルフ展」(撮影可)にて。

万博色当然ゼロの作品群の中に突如、何気に出現していた大阪万博お祭り広場の巨大ロボット「デメとデク」のデメ。驚いた。

写真裏に書かれた日本やアメリカの報道写真裏に書かれたのコメントを表に合体させた「press++」と言う作品の中の一枚。

日本の文字も一つのアイコンに感じたのかも知れない。写真は読売新聞から提供され製作は最近のものだ。


d0065737_2471340.jpg近くで見てみるとこの写真実は万博会場では無く製作された工場での貴重な写真。

合体された紙面の”いずみ”と言う記事。

”来年三月開幕の万国博では、いろいろなロボットが活躍するが、なかでも歌って踊ってという”多芸”なロボット二基が愛知豊川市の日本車輌で完成した。お祭り広場の演出の一つ。

制御室が目玉の様に飛び出た”デメ”と”デク”~略~あまりカッコいいとは言えないが~ロボット自身も踊りに参加するタレントだ。製作費は二基で二億五千万円。”が合体されている。


d0065737_2473552.jpg
横2700縦1750ミリで見るデメとデクは迫力があった。

しかし...数多い万博写真の中から何故にデメとデク?他にも万博写真は提供されてのデメとデクなのだろうか?

新聞の展覧会コーナーの案内にも使用されたこの作品。数ある展示品の中から何故にデメとデク?残念ながら、この作品のポストカードは販売されていなかった。

約三年前に書いた渋谷のデメとデクはこちら
[PR]
# by banpakutantei | 2016-11-08 04:12 | 万国博 | Comments(0)

カウントダウン。最後の太陽の塔内部公開。

d0065737_3472695.jpgここ数週間。太陽の塔内部改修工事に伴う”最後”の内部公開への入場倍率の高さと2025万博誘致でテレビや新聞で取り上げられる頻度が増している大阪万博と太陽の塔。

関東でも結構な頻度なのだから関西では数割増しで放映されているのだろう。

その全てを見る事は難しいけど録画出来たものを見てみると内容は過去に放映されたものを含め大体似たり寄ったりでもある。(NHKの巨大プロジェクトは結構貴重な映像があった。)

d0065737_348255.jpg他局の放映をチェックしていたディレクターが「ちょっと万博公園取材行って太陽の塔の中に入ってきてぇ。」って感じなのだろう。

一局が放映すると大抵、それを追うように他局でも似たような内容で取り上げられる。

大阪万博を紹介する時にバックで流れているのは感覚的には9割方「世界の国からこんにちは」だ。

2003年10月。33年ぶりに公開された塔内部。

d0065737_3484995.jpg本HP上で書いているけど、読み返してみるとその時の興奮度の高さと熱が伝わってくる。まさに現代の秘境だった塔内部。

その後、秘境への入場のハードルは次第に下がり同年もう一回。その後2回入った。

2007年位?にその扉は再び閉ざされ時々テレビ等の取材でしか公開されなくなってしまった。

今では幾度となく放映されてきた塔内部も当時の放映は本当に珍しくて映っている全ての風景を見逃してはならぬとテレビの前にかじりついた。


d0065737_3491145.jpg塔への秘密地下通路の映像が流れたりしたら「おぉぉぉぉ...」って唸っていたものだ。

時は経ちあの時感じた1970年当時のかび臭い空気は、大分換気されてしまったと思う。

入場への応募の倍率が凄いと言っても今回の公開は最初、半日だけだった。元々少なすぎたのではないか?

結果翌日も公開となり合計で1300人が見学出来る事となった。織り込み済だったのだろうか?私も当時の太陽の塔が写る勝負絵葉書で応募した。


d0065737_3494281.jpg10月12日位には当選者だけに結果が届く事になっているけど今日15日現在到着していない。

抽選は終わっている筈だけどSNSで当選報告する万博友達は出ていない。落選通知は届かないので「外れた(涙...)」って書く人もいない。

さて...当たっても黙っているのか、皆さん外れてしまったのか...確率から言ったら誰かしら当たっている筈。


d0065737_1872044.jpg当時は往復はがきだったけど今回はハガキ。発送に手間取っているのか?

「また、くだらないもの見に大阪まで行くのか?」と言われるのを承知で嫁さんに「当選ハガキ来てない?」とか「実は来ていて隠したりする嫌がらせをしていない?」と問うてみたが来ていないらしい。

でも今日は既に15日まな板のコイ。

意を決し「太陽の塔 当選」とググってみた。「当たりましたぁ!」って書いてる人が必ずいる筈。



d0065737_188872.jpgさて検索結果は...おぉぉ塔の見学に関する報道ばかりではないか!これはきっと発送が未だなんだ!よしよし。

と喜びもつかの間...「14日ポストを開けたら...当たりハガキが...」って画像付きで書いてる人が...終わった。厳選な抽選の結果、厳選に外れた。

まぁ四回も入っているし...何が何でも!...犯罪を犯してまでも...位の熱意がペン先に伝わらなかったのだろう。両日は当初の予定通り胃カメラと神田古本祭りに行こう。
[PR]
# by banpakutantei | 2016-10-16 16:30 | 万国博 | Comments(0)